Anthology 2019

14作家のジュエリー展

QUELLE CHANCE

フランス語で“最高にラッキー”を意味する『Quellechance(ケルシャンス)』。平穏を願う日も、成功をつかむ日も、いつも身につけていたいお守りのようなジュエリーです。


パリで買い集めたヴィンテージガラスのブローチは、すべて一点もの。まるで映画の中の貴婦人が身に着けるような、アンティークでロマンティックな香りを残しながらも、現代のファッションにも無理なく合わせていただけます。


「願いが叶う」といわれる三日月モチーフに、色とりどりの天然石が下がる「シャンデリアピアス」は人気のお品。愛らしいパンジーモチーフのイヤリングやピアスもおすすめです。


一つひとつのシリーズに封じ込められた、幸せの処方箋。小さな宝石箱から選び出されるジュエリーが、喜びの扉を開け、身に付ける人の凛とした横顔と軽やかな歩みを見守っていられるように、1点ずつ、大切にお作りしています。

普段は月に1度のオープンアトリエでしかお目にかかる機会がありませんが、今回は会期中ごゆっくりご覧いただけます。ぜひお手にとってお楽しみください。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 Anthology 2019